海外のレンタカー
2017.06.21

黄色い車旅行や出張に行く場合、海外でレンタカーを利用したい場合もあります。どのようにすればスムーズに海外でレンタカーを借りることができるのでしょうか?まず海外でレンタカーを借りるには、行く国で運転できる年齢を過ぎていることが条件になります。次に国際免許証の準備と、海外でも使えるクレジットカードも必要です。免許証は日本の免許証だけで大丈夫な国もあるので事前に確認することが重要です。国際免許証は現地で取得することもできます。海外では持ち歩いているかもしれませんがパスポートが必要なこともあります。
海外でレンタカーを借りるときには、現地でも借りられますが日本から大手レンタカー会社などに予約をした方がお得になるなどメリットが大きいです。旅行会社がサポートしてくれることもあります。海外のレンタカーの比較サイトなどもあるので、参考にしてみてもいいかもしれません。どこで借りてどこで返却するかもよく考えて選ぶことが大切です。
海外で車をレンタルしたら、左ハンドルで道路も左右が日本と逆の国があります。日本と勝手が違うので、安全に運転するためには少し現地に着いてから練習した方が良いでしょう。現地のルールもしっかり知っておくことが大切です。ガソリンスタンドや駐車場の使い方やマナーを把握しておくと、いざというときに焦らずに済みます。
万が一の事故の処理なども日本と変わらないので、現地の言葉が話せれば問題ありません。自信がなくても国際免許証を提示することである程度解決ができます。日本のレンタカーと同じように補償の保険に入っておくことは大切です。海外の警察にお世話になる前に、安全運転とルールに合った正しい運転をして行くことが第一です。
何かと不安な海外のレンタカーですが、海外を車で走ることは旅をより楽しむことができます。徒歩で行ける観光地以外にも行けるようになり行動範囲が広がりますし、日本にはない景色の中をドライブできるので、新鮮さと刺激を感じることができます。またアメリカなどでドライブ経験がある人の中には、広大な大地を走ることで爽快な気分を味わうことができたという人が多いようです。車好き、ドライブ好きなら、一度体験してみたいという方も多いのではないでしょうか。
海外ドラマで見るような、オープンカーで外国の海岸沿いを走るなんていう憧れのシチュエーションも演出できるかもしれません。異性とドライブするときに、最高の思い出になることでしょう。

▲ ページトップへ