燃費は期待しないほうが良い
2017.06.21

反射する車レンタカーの車に、燃費は期待しない方がいいです。特に格安レンタカーや中古レンタカーの場合は、燃費があまりよくない傾向にあります。長距離を走るなら、格安レンタカーよりも大手のレンタカーで新しく燃費の良さそうな車を選ぶ方が総合的に見て節約できることもあります。車種で燃費のいいものを選ぶこともできます。
車の燃費にものすごく詳しい場合、あまりに燃費が悪ければ、レンタカーのお店で正しい主張をすればガソリン代を返金してもらえることもあるようです。これはレンタル会社の方針にもよるので受け入れてもらえないこともあるので期待はできませんが、エコな運転を心がけていたにも関わらず極端に燃費が悪く、それを説明できるなら言ってみてもいいかもしれません。上級者向きの交渉手段です。
レンタルした車を勝手にいじるわけにはいきません。燃費の悪い車でも少しでもガソリン代を抑えたいなら、運転の方法を工夫するしかありません。事前に調べて、エコを心がけながら運転していくことができます。まずできることは、できるだけ重いものを乗せないことです。荷物の運搬を目的で借りているなら別ですが、不要な荷物は乗せないでおくと、燃費の消費がマシなります。
運転中は、アクセルをふんわりと踏んでいくこと、坂道はエンジンブレーキを使うこと、エアコンは使わないなど、工夫をしていくことができます。急停車を避け、一定の速度で運転していくこともエコな運転に繋がります。高速道路を走るならETCの搭載車を選びましょう。停車しているときのアイドリングもストップさせましょう。ナビで表示された最短距離を進むことも、あまりガソリンを使わないコツです。交通渋滞に巻き込まれないようできるだけ事前に計画を立てることも大切です。
つまり、燃費を考えて運転するには、事前に計画をきちんと立て、上手に運転することが大事です。しかし運転の技術に感じては、あまり運転に自信がなく下手な人からすれば、「分かってはいるけど難しい」運転の方法もあることかと思います。
レンタカーを借りるときはレジャーなどの目的のことも多いものです。家族や仲間と遊びに行く目的でレンタカーを借りたのなら、燃費のことはあまり考えず、楽しく安全運転できることが一番ではないでしょうか。運転がうまい人がいれば代わってもらうことなどもできますが、基本的には燃費が悪い車を借りてしまってもあまり気にせず、ドライブを満喫することがレンタカーでイベントを楽しむコツです。

▲ ページトップへ